45歳女 介護施設は良くみて選ぶ事が大事

私はシングルマザーで高校生と大学生の娘が二人います。

 

 

看護師の資格があり、病院で働いていましたが、介護部門も人手不足で時々応援に行くようになり、今では介護施設の看護師として働いています。

 

看護師ですが、普段は介護士と同じ仕事をしています。

 

 

介護業界は人手不足で常に求人もあり、シングルマザーとしては、働く場所が色々選べるのが一番だと思います。

 

介護施設も、場所により様々な形態があり、たくさん働きたい人は夜勤もある特養などでもいいし、日勤のみで家庭優先したい人はデイサービスなど自分のライフスタイルにあった働き方ができると思います。

 

 

仕事も、施設により介護度に応じて楽なところと、忙しいところがありますので、転職する場合は調べた方が良いと思います。

 

 

私は、今まで、訪問看護、デイサービス、サ高住、小規模多機能、グループホームを経験しましたが、どれもそれぞれ特徴があり、一番しんどかったのがグループホームでした。

 

 

グループホームは認知症の方が入るところなので、対応も難しく、入居者からの暴力もありなかなかハードでしたが、認知症について学びたい人は、生活中心の施設なのでおすすめです。

 

 

サ高住は、比較的介護度の低い方が多く、業務は楽でしたが、やりがいを求める方にとっては物足りないかもしれません。

 

 

介護施設は人間関係が難しいと言われていますが、幸い私は人間関係には恵まれており、トラブルなく過ごしています。

 

 

お給料が安いのが、1番の難点だと思います。

 

これはびっくりするぐらい安いところが多いので、もう少し給与対策してくれたら人手不足も解消するのになぁと思っています。

 

コンビニで働く方が給与は良いかもしれません。

 

それでも、一生懸命働いている人も多いので、介護という仕事に誇りを持っている方も多いのでしょう。

 

 

施設はたくさんありますので、1つ2つで失敗しても、色々なところに転職できます。

 

自分にあった職場を見つける事ができたら長く働けるかもしれません。

好条件の介護事業者で仕事をする方法!!

介護職の求人は大きく分けて3種類あります。
一つ目はハローワークでの求人
二つ目は一般的な求人サイトでの求人
三つ目は介護職専門サイトでの非公開求人
です。

このなかで条件がいいのは、介護職専門サイトでの非公開求人です。

なぜなら基本的にハローワークの求人は無料。一般的な求人サイトの掲載料も安めなのが多いですが、三つ目の介護職専門サイトは、採用された際の成果報酬がけっこうするので、経済的に苦しい介護事業者は求人が出せません。

つまり経営状態のいい事業者しか、いないので条件がよくなるということ。

経営状態のいい事業者だからといって、かならずしも高給ということも条件がいいということもないですが、経営状態の悪い事業者は、高給を支払えたり、条件をよくするのは難しいですから、経営状態のいい事業者を選ぶことはとても大切なことです。

経営状態の悪い事業者は、つぶれたり、給料の支払いが滞ったりすることも多いですしね。

さて介護職専門サイトはいくつかあり、複数サイトに登録して比較されるほうがいいですが、あえて一つだけいうなら『』は評判もよく登録されておくほうがいいと思います。

介護職で幸せに仕事をするか、擦り切れるかを、大きく左右するのは『働く介護事業者選び』です。

『働く介護事業者選び』だけにはくれぐれもご注意されてください。