20代女性 介護に転職してみて分かったこと

40代の子育て真っ只中。

 

 

専業主婦です。

 

 

これは、20代後半の頃のことです。

 

 

初めは、医療事務で仕事をしていたのですが、同じ仕事場の人が資格を取るために学校へいくというのを聞きました。

 

 

それを聞いたときに、年齢じゃないんだなと思いました。

 

 

いつからでも、やる気があれば勉強することは出来るんだなと感じました。

 

 

それまでは、これでいいかなとか、20代も後半だしみたいな気持ちがあったと思います。

 

 

今さら何かあたらしいことなんて出来ないと勝手思い込んでいました。

 

 

なので、同僚の話を聞いたときには本当にすごいなという気持ちでいっぱいでした。

 

 

完全に彼女の影響を受けて、もしかしたら私にも新しく何か初められるかもと思いました。

 

 

それまでは今から新しく何かを探すと言うことは考えていませんでしたが、その日から少しずつ、自分やりたいこと、やりたい仕事について考えました。

 

 

医療系の仕事をしていたこともあり、介護についても興味がありました。

 

 

周りにも、仕事している人もいたのも理由のひとつでした。

 

 

それからは早くて、新しく介護の仕事を見つけてすぐに転職しました。

 

 

始めての業種だったこともあり覚えることもたくさんありました。

 

 

しかし、同時に介護職についてから、感じたことは、同じ仕事場の人は専門学校にかよっているひとや、いろんな勉強をしている人などたくさんいました。

 

 

そのなかには、私よりも年齢が上の人もいたし、私と変わらない人もいました。

 

 

周りが向上心のある人が多いと自分も出来るかもと感じて、講座を受けたりして、介護についても勉強しました。

 

 

始めて介護の仕事についたときには、向いてないとか思ったこともありましたが、少しずつ勉強したり、仕事に馴れていくことで、だんだんとやれるようになったと思います。

 

 

それに同僚だけではなくて、上司や先輩などもいろんなアドバイスをしてくれたりしたことも、良かったんだと思います。

 

 

確かになれまでは、いろんな不安なことがあったり、体力的にもしんどいことはありましたが、周りにも助けられて仕事することが出来ました。

好条件の介護事業者で仕事をする方法!!

介護職の求人は大きく分けて3種類あります。
一つ目はハローワークでの求人
二つ目は一般的な求人サイトでの求人
三つ目は介護職専門サイトでの非公開求人
です。

このなかで条件がいいのは、介護職専門サイトでの非公開求人です。

なぜなら基本的にハローワークの求人は無料。一般的な求人サイトの掲載料も安めなのが多いですが、三つ目の介護職専門サイトは、採用された際の成果報酬がけっこうするので、経済的に苦しい介護事業者は求人が出せません。

つまり経営状態のいい事業者しか、いないので条件がよくなるということ。

経営状態のいい事業者だからといって、かならずしも高給ということも条件がいいということもないですが、経営状態の悪い事業者は、高給を支払えたり、条件をよくするのは難しいですから、経営状態のいい事業者を選ぶことはとても大切なことです。

経営状態の悪い事業者は、つぶれたり、給料の支払いが滞ったりすることも多いですしね。

さて介護職専門サイトはいくつかあり、複数サイトに登録して比較されるほうがいいですが、あえて一つだけいうなら『』は評判もよく登録されておくほうがいいと思います。

介護職で幸せに仕事をするか、擦り切れるかを、大きく左右するのは『働く介護事業者選び』です。

『働く介護事業者選び』だけにはくれぐれもご注意されてください。